テレビが子どもに及ぼす影響

テレビがメディアとして人気がある理由

テレビは本やマンガとは違い、動画としての映像が流れるのが最大の特長です。それに対して本は活字媒体であり、活字から内容を読み取り、その場面を想像することになります。またマンガは画像でもあることから、読むだけで場面をそのまま読みとることができますが、コマという静止画の連続から読みとらないといけません。それに比べるとテレビは動画という性格上、非常に臨場感が高く、現代人の多くが家での娯楽として楽しんでいるのもうなづけます。通常、ラジオや新聞、雑誌と並んで4大メディアとされますが、その中でも最も人気のある筆頭格のメディアであると言えるでしょう。

こうした見たままで理解が出来るという簡単かつ分かりやすい性格がテレビの身上です。誰でも楽しめる大衆メディアとして性格が多くの人に受け入れられている要因です。誰かと会話しながらとか、あるいは、寝転がっていようが、酒を飲んでいようが、どんな形でも気軽に楽しめるのが良い点です。

注目情報

Copyright (C)2017テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.