テレビが子どもに及ぼす影響

テレビの受信契約を解約する条件

テレビを見なくなったという人は受信契約を解除することができます。ただし、それには条件がいろいろとあり、難しいことではありませんが、自宅でテレビを受信できない環境であることが確実な条件だと言えます。まずはテレビがないということは最低限必要だと言えます。テレビがないとは、地デジチューナーがない状態であれば今の放送は受信できませんので、そういう場合は満たしていると言えます。

例えば地デジに移行した際に古いテレビには地デジチューナーがないのでテレビが見られません。そういうタイプのテレビしかない場合は放送が受信できないので、契約を解除することができます。ただしワンセグの携帯電話を持っている場合は契約解除できません。そして自動車のカーナビでテレビが見られる場合も契約解除できないということになっています。

これらをどうやってNHKが調査するのかは分かりませんが、決まりとしてはこういう要件になっていると覚えておくべきです。また契約解除する場合には電話等で連絡したり、契約の解除届けを提出すると良いでしょう。

Copyright (C)2017テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.