テレビが子どもに及ぼす影響

テレビばかり見るのはやめましょう

テレビはほとんどの家庭にあると思います。一家に一台はテレビがあるのが当たり前なのではないでしょうか。そのテレビなのですが、長時間見るのはやめたほうがいいです。理由は二つあります。一つ目は視力の低下です。近くを見続けると、視力の低下につながりますからよくないです。なので、視力低下を防ぎたいのであれば適度に休憩をとるようにしましょう。もしくは、そもそもテレビを見ないほうがいいです。

二つめは他の活動の時間が減るということです。特に子供は要注意です。テレビばかり見ていて勉強がおろそかになったりしては問題ですよね。青春の思い出がテレビばかり見ていたでは寂しいです。テレビを見ても得することはあまりないでしょうから、子供がテレビばかり見ていたら注意するようにしましょう。自分の人生ですから、何をしても勝手ですけれどなるべく無駄な時間はつくらないほうがいいと思います。テレビにどの程度時間をあてるのかはよく考えるようにしましょう。

Copyright (C)2017テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.