テレビが子どもに及ぼす影響

テレビとプロレスの関係について

テレビとプロレスの関係はかなり長いものがあります。まだ日本人のほとんどがテレビを持っていなかった時代、それを持っている家や街頭の電気屋などに人が集まり、みんなで見ていた時代があります。その頃はまだカラーのものはなく、白黒で放映されていました。当時の人気レスラーと言えば、伝説の力道山です。力道山の現役時代を知っている人と言えば、もうかなり高齢の人になっていると言えるでしょう。

その後はアントニオ猪木の新日本プロレスとジャイアント馬場の全日本プロレスの2強時代となりました。それぞれ放映枠を持っており、すごく人気のある番組でした。しかし、リアル格闘技と言われた立ち技のK-1や総合格闘技が人気を博するにしたがい、だんだんとプロレスの人気が低迷していきました。そして、テレビ放映からも消えていくことになったのです。でも、今でも深夜には放映されています。プロレスファンとしてはまたゴールデンに復活してほしいと願っています。

Copyright (C)2017テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.