テレビが子どもに及ぼす影響

テレビは精密機械なので大切に扱う事

精密機械を取り扱う時は、基本的には外部から衝撃を与えないように注意しながら取り扱っていかないといけません。これはテレビにも同じ事がいえまして、昔に比べてかなり頑丈に作られていますが、それでも外部の衝撃を受けてしまうと壊れてしまう可能性がありますので、くれぐれも丁寧に扱っていただきたいです。

昔の場合には映像が途切れたりすると、テレビを叩いたりすることがよくありました。しかし最近のテレビで同じ事を行うとテレビの映像が綺麗になるどころか悪化してしまって、二度と使う事ができなくなる場合があります。そのような事がないように素直に修理をしたりする事をお勧めします。

テレビも精密機械の一つですので、外部から衝撃を与えないように取扱いには注意していただきたいです。丁寧に扱う事ができれば、それだけ長い期間テレビを使用する事ができるようになります。大切なテレビを守る為にも、丁寧に扱っていただき、できる限り長い間使用できるように頑張ってください。

Copyright (C)2017テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.