テレビが子どもに及ぼす影響

印象に残っているテレビの心霊番組

子供の頃に好きだった、テレビの心霊番組があります。タイトルは忘れてしまったのですが、霊能者が心霊スポットへ行くコーナーが毎回ありました。よく海外の廃墟などへ行っていたと記憶しています。特徴的なのは、心霊スポットへ行っても霊能者が決してお祓いをしないことです。同行するのはいつも、テレビの構成作家もやっている心霊研究家でした。空気がよどみ、いかにも何か出そうな場所に来ると、霊能者の方が怖い、怖い、と言い出します。逆に心霊研究家は冷静で、今何が起こっているのかを横で解説していました。

この対比が、怖いながらも面白くて印象に残っていました。子供だったので、霊能者が怖がると一緒に怖くなってしまい、今晩眠れるだろうかと心配になります。しかし心霊研究家の冷静な解説を聞くと、怖さが少し緩和されるのです。見ると怖くて仕方がないのですが、霊能者と心霊研究家のコンビが面白いのでまた見てしまうのです。今でも強く印象に残っているテレビ番組です。

注目情報

Copyright (C)2017テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.