テレビが子どもに及ぼす影響

昔は一台のテレビを取り合いする事が多かった

現在はテレビが一家に数台あるケースが増えてきていますが、昔は今まで以上にテレビは高級品だったので、各家庭に一台あればいいという状況でした。その為よくある事として、家庭内でテレビの取り合いをする事が少なくなかったのを今でもはっきりと覚えています。

自分が見たい番組があったとしても、他の人も見たい番組がある場合には取り合いになる事は必須です。その場合はどちらかが引かないと何時まで経ってもテレビの取り合いが続いてしまうのでかなり大変でした。それだけ昔はテレビという物は貴重であり、高級な電化製品という位置になっていました。

現在販売されているテレビは昔に比べて、かなり格安の値段で販売されている事が多いです。その為昔に比べれば、気軽に購入する事ができるようになっています。今思い出せばテレビの取り合いをする事は、いい思い出になる可能性があります。現在は数台準備する家庭も増えてきていますし、2画面などにして同じ時間帯でもテレビの取り合いなどをする機会がかなり減ってきているので、不自由を感じる事はほとんどありません。

注目情報

Copyright (C)2017テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.